当サイトはリンクフリーですが、一言お声をかけて頂けるとうれしいです。

家庭の事情などで我が子を手放す、飼育を続けることが厳しい場合、保健所に連れて行く前に先ず新しい飼い主を探す努力をしてあげて下さい。

飼い主による持ち込みは、譲渡候補になることは少なく、場合に無条件に即処分になってしまうこともあります。

各行政によって対応は様々です。行政の方々も命をつなげることに前向きに取り組んでくださっていますが、予算の関係上や設備上思うように進まないことがあるようです。

飼い主からの持ち込みは特に多くの場合、命が繋がることは難しいと思われます。なお、迷子犬ではないため、告知されることもないため、行政とつながりのある動物ボランティア団体にも、収容が知らされることがない場合も想定できます。

勘違いされてる方が多いのですが保健所は新しい飼い主を探してくれる場所ではありません。

我が子の未来を願うならば安易に保健所にと持ち込みをする前に、 

まず 新しい飼い主を探す努力をしてあげてください。

TSRでは一般の方からの里親探しのご依頼も受け付けております。

ですので里親の探し方が判らない等お困りの事がありましたらお気軽にご相談下さい。



メモ: * は入力必須項目です